So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第53回MJリンク・東北の高校生による富士山登山の応援ツアー [お知らせ]

この夏、東北の高校生による富士山登山の応援ツアーを実施します!
これはご存知の通り、田部井淳子さんが始めたもので、2011年の東日本大震災・原発事故で被災した東北の高校生たちに、日本一の富士山から「勇気」と「元気」をもらって前へ進んでほしいとの願いが込められています。
現在、このプロジェクトは息子の進也さんに引き継がれ、一般社団法人田部井淳子基金の活動として続けられています。
高校生たちの登山日程は、7月23日からの3日間になりますが、私たちMJリンクでは、2日間で富士山に登り、高校生たちを頂上で迎え、激励します。

詳細は、下記のURLをクリックしてください。
また、申し込みは、アルパインツアーサービス宛てに。
内容などご不明な点などあれば、いつでもMJリンクにご連絡ください。

平日の開催になりますが、ぜひ多くの方に参加いただき、東北の高校生たちに会いに、富士山へ登りたいと思います!


【日程・場所】
2019年7月23日(火)~24日(水)
富士山(3776m)(静岡県)

【集合と解散】
〇集合…7/23 ①~③のいずれか
①新宿西口明治安田生命ビル前/6:50 ②JR御殿場駅改札前/8:30 ③水ヶ塚公園・森の駅富士山前/9:00
〇解散…7/24 ①~③のいずれか
①新宿西口明治安田生命ビル前19:00 ②JR御殿場駅改札前 ③水ヶ塚公園・森の駅富士山前

【登山の行程】
7/23 富士山富士宮口新5合目(2453m) → 9合目萬年雪山荘(3400m)
7/24 → 富士宮頂上【高校生出迎え】 → 富士宮口新5合目へ下山

【参加費】
29,500円(現地までの交通費、山小屋宿泊代、保険代含む)

【募集対象・人数】
MJリンクにメール登録済みの20~50代女性 最少催行人数 15人、定員 20人

【同行サポーター】
柏澄子+菅野由起子
*大久保由美子 → 同じ行程のアルパインツアー主催の応援ツアーに同行します。

【詳細はコチラ】
http://www.alpine-tour.com/japan/pdf/19_mjlink_fuji.pdf


【申し込み】
下記の電話、FAX、メール、またはWEB予約にてアルパインツアーサービスに申し込む。
その際、MJリンクであることを忘れずにお伝えください(特に電話の場合)。
後日、持ち物リストなどの手続きに関する案内がアルパインツアーサービスから届きます。

*WEB予約→ www.alpine-tour.com/japan/2019_04/231i.html

*電話 03-3503-0223(オーフジサン) 
*FAX 03-3508‐2529
*メール kokunai@alpine-tour.com

【問い合わせ】
MJリンク mjlink103@gmail.com
アルパインツアーサービス 
電話 03-3503-0223 FAX 03-3508‐2529
メール kokunai@alpine-tour.com


********************
MJリンク(自然に親しみたい20~50代女性のためのネットワーク)
〒102-0075
東京都千代田区三番町7-10-104タベイプランニング内 受付吉田
tel:03-3264-6426 fax:03-3264-2116
メールアドレス mjlink103@gmail.com
ブログ http://mjlink.blog.so-net.ne.jp/
*******************


nice!(0)  コメント(0) 

MJリンク海外企画第5弾・台湾3000峰縦走~南湖大山【11月‐5泊6日】 [お知らせ]

MJリンク海外トレッキング企画・第5弾は、前回に引き続き、台湾に向かいます。
台湾北部にある南湖大山です。台湾には144座もの3000m峰があります(日本は23座)。そのなかでも、今回のルートは3000m級の稜線を縦走し、台湾ならではの景色を楽しめます。田部井淳子さんも、このルートが大好きだったと聞きました。
もちろん、温泉や美味しい台湾料理もあります。
ぜひ、秋の台湾を楽しみましょう!

なお、旅行の事務的なことを西遊旅行に依頼しましので、申込み先は西遊旅行になります。下記申込み方法に従ってください。

【日程】
2019年11月1日(金)~11月6日(水) 6日間
*土日・祝日を含みます*

11/1(金) 成田午前発 → 台北昼着 → 礁渓温泉夕刻着
[飛行機] 成田7:20集合 9:20発→台北12:30着
[バス]その後、専用バスにて、礁渓温泉へ(約2時間)。

11/2(土) 専用バスで勝光登山口(1830m)へ。
[晴れ]ここから、登山開始。雪稜山荘(2590m)へ(約6時間)。

11/3(日) 審馬陣山(3141m)、南湖北山(3536m)、南湖大山北峰(3592m)の3座を縦走し、南湖山荘(3390m)へ。(約6時間)
[晴れ]いよいよ、3000mの稜線へ!

11/4(休) 南湖大山(3742m)登頂後、雲稜山荘へ。(約8.5時間)
[晴れ]最後に、盟主・南湖大山登頂!

11/5(火) 勝光登山口へ下山。(約5時間)
[バス]下山後は、専用バスにて台北へ。(約5時間)

11/6(水) 台北午後発 → 成田夜着
[かわいい]出発までは、自由行動。台北の街をお楽しみください!
[飛行機]台北 16:20発 → 成田20:30着

【最少催行人数】
7名(MJリンクに登録のある20~50代の元気な女性)
MJリンクへの新規登録は、【MJリンク・ブログ】の左の「マイカテゴリー」にある「MJリンクの山登りに参加するには」を参照ください。

【参加費】
238,000円 (成田発着)
*別途、燃油サーチャージ(9,000円 3/13現在)、成田空港使用料(2,610円)、海外旅行保険代金(実費)。
*台湾の空港税含む。

【同行】
MJリンク・サポーター 柏澄子(成田より全行程に同行)
*ほか、トレッキング中は現地ガイドが同行します。

【持ち物】
日本の初秋の3000m峰を登る装備とほぼ変わりません。
参加申込みの方に、別途詳細をお知らせします。

【ルートについて】
最高峰の南湖大山は標高3742mです。また3日間とも3000m級の稜線を歩き、宿泊します。標高に慣れる必要がありますので、なるべく楽に登れるよう、ゆっくりペースを保ちます。
ルート上に、とくに技術的に難しい箇所はありません。
事前にも、以下のことを中心にしっかり準備してきてください。心配や相談のある参加者は、個別にMJリンク宛てにお問い合わせください。

・夏山をしっかり登り、標高差を稼げる体力をつけておく。
・夏山シーズン中に3000m峰や富士山などに複数回登る機会を作り、できれば稜線の小屋で宿泊する。
・出発前は十分に体調を整えておく。

【旅の詳細】
詳細チラシは【ココ】にUPされています!
〇電話 
フリーダイヤル 0120-811391 携帯電話から 03-3237-1391  
受付時間:月~金10時~18時30分
〇メール 
mjlink-tabi@saiyu.co.jp
メール件名 「資料請求MJリンク・台湾」

【入山申請について】
南湖大山では1日の入山人数が制限されています。本ツアーは1ヶ月前から開始される、入山許可が取得できた場合に催行されます。また、山小屋にも定員がありますので、人数オーバーの場合は、貸出テントに泊まります(シュラフ付き)。チーム内で分かれる場合は、申込先着順で山小屋泊を用意しますが、テントをご希望の場合はその旨承ります。

【申し込み方法】
電話かメールで下記の通り申込みください。
〇電話
「西遊旅行トレッキング担当」宛に予約
フリーダイヤル 0120-811391  携帯電話から03-3237-1391  
受付時間:月~金10時~18時30分

〇メール
mjlink-tabi@saiyu.co.jp
件名「予約MJリンク・台湾」
1、氏名(ふりがなも)、2、生年月日、3、住所、4、電話番号を 明記。
西遊旅行から折り返し正式な申込み書類が郵送されます。

*****
MJリンク(自然に親しみたい20~40代女性のためのネットワーク)
〒102-0075
東京都千代田区三番町7-10-104 タベイ(受付吉田)
電話:03-3264-6426 FAX:03-3264-2116
メールアドレス:mjlink103@gmail.com
ブログ:http://mjlink.blog.so-net.ne.jp/
*****

nice!(0)  コメント(0) 

第52回MJリンク 丹沢 大山新春ハイキングとお食事会 [報告]

2019年のMJリンクの登り初めは、今回で3回目となる丹沢大山(1,252m)。
2月17日は、毎年恒例となっている新春ハイキング&お食事会でした。

2009年に田部井淳子さんの呼びかけで立ち上げられた
女性のための山のネットワーク「MJリンク」ですが、
おかげさまで10年続けることができました。

今回のメンバーは、初めて参加してくれた3人を含む11人とサポーター4人、
それに、田部井さんのご主人の政伸さんと息子さんの進也さんも同行してくださいました。

ame.JPG
出発前に進也さんがくださった会津若松の「五郎兵衛飴」。
創業の800年前と変わらない製法だそう。
材料はもち米と麦芽と寒天だけの優しい味で、山歩きにぴったりの品。
福島県出身の田部井さんも、よく福島ゆかりの品をくださいました。

準備運動のあと、各サポーター毎に4班に分かれて、
地図読みなどしながら、少人数でゆったりと山を歩きました。
かつて田部井さんがそうしてくださったように、
進也さんがそれぞれの班を回って、
東北の高校生の富士登山のお話や狩猟のお話など、
ユーモアを交えて聞かせてくださいました。

hikari.JPG
ヤビツ峠からイタツミ尾根を歩き始めると、
薄明光線(別名・天使のはしご)が相模湾を金色に照らしていて、
とても幻想的でした。
実は、2015年にMJリンクで田部井さんと同じコースを歩いたときも、
昨年の命日登山のときも、数日前の下見のときも同様の現象が現れ、
まるで田部井さんが見守ってくださっているかのように感じました。

P2170617.jpg
田部井さんが病室から毎日眺めていたという大山山頂から、
ミシュラン2つ星にも輝いた関東平野の眺望を堪能しました。

meoto.jpg
神々しくも、たわわに垂れ下がった枝先の花粉がちょっと怖い夫婦杉。

P2170633.jpg
下りで笑った膝には難所となる下社への最後の急な階段。

fullsizeoutput_3ee.jpeg
下社で今年一年の無事を祈願。
地下巡拝道には、神泉やさざれ石、ぼけ封じの守護神まで見所がたくさん!
境内には、なんと豆腐の碑・とうふ塚もありました。

tofu.JPG
下山後は、お豆腐が大好きだった田部井さんが、
ほとんど食べられなくなってからもいらしたという「夢心亭」で、
豆腐づくしのコースを楽しみました。

その日、その時、その仲間と過ごすただ一回性の機会を楽しんでもらえたなら、
それぞれ登山ガイドとして活動している私たちサポーターにとっても、
これほどうれしいことはありません。
今後もMJリンクをよろしくお願いします。

【今後の予定】
★7/23(火)~24(水)東北高校生富士登山応援ツアー
(※当日配付資料に7/22-23とありますが、正しくは7/23-24です)

★11/2(土)~7(木) 台湾・南湖大山縦走
(※当日配布資料には、日程詳細がありませんでしたが、上記の6日間に決定しました)

詳細が決まり次第、MJリンクのメーリングリストとブログでおしらせします!


【おしらせ】
今年からMJリンクの事務局は、進也さんが社長を務めるタベイプランニングに
置かれることになり、これまで通りサポーターが企画するものと、
タベイプラニング企画の2本立てとなります。

タベイプランニングが経営する「PLAY」(東京都昭島市)とのコラボ企画や、
シニアサポーターが企画する「番外編」など、多様なお誘いがあると思いますので、
ピピッときたら、ご自身はもちろん、ぜひ必要な方につないでくださいね!

shinyasan.jpg

サポーター 大久保由美子
nice!(0)  コメント(0) 

MJワークショップ~ボルダリングを体験しよう! [報告]

MJワークショップ~ボルダリングを体験しよう!

MJワークショップ・ボルダリングを体験しよう!をクライミングジム&ヨガスタジオPLAY(東京都昭島市)にて2019年2月24日(日)に行ないました。
2月だというのにすっかり春めいたお昼前の集合、集まったのは5人。
16mの外壁の横で、気持ちよさそうにボルダリングを楽しむ人たちを眺めながら、まずはお互い自己紹介。
ボルダリングの施設はよく見かけるけれど実際にしたことはなくて、これがよい機会だと思い、申し込んだという声が聞かれました。
PLAYマネージャーにしてクライミングのエキスパート森善久先生にボルダリングを習います。

まずはスピードの壁を見学し、その後、室内でボルダリングのレクチャーを受けました。
森先生がなんと、この日のためにMJリンク専用にルートをセットしておいてくださいました。
初心者がボルダリングを楽しく始められるようにとの配慮をありがたく思いながら、おかげさまでハードルの低いところから無理なく楽しむことができました。
今度はクールダウンのヨガまで一緒にできたら至れり尽くせりだね、という話も出て1時間30分余りのワークショップはお開きとなりました。

P.S.そして翌日。ちょっと腕が笑っています(笑)。
普段使わない筋肉を使ったことを改めて実感しました。(レポート吉田)

IMG_3184-2playにてボルダリング-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第52回MJリンク 丹沢 大山新春ハイキングとお食事会のお誘い【日帰り】 [お知らせ]

第52回MJリンク 丹沢 大山新春ハイキングとお食事会のお誘い【日帰り】

恒例新春ハイキングと食事会のお誘いです。

丹沢大山(おおやま)にイタツミ尾根から登ります。小田急線「秦野」駅で集合しタクシーで移動しヤビツ峠からスタート。頂上の奥社に参拝して富士山や丹沢の山々を望み、表参道から阿夫利神社へ下って一年の無事を祈ります。約4時間半の行程ですが、ゆっくりと進みます。山登りがはじめて、または久しぶりという方も安心なペースですのでぜひご参加ください。

下山後は、豆腐がお好きだった田部井淳子さんと以前ご一緒した『夢心亭』で遅い昼食をいただきながらお食事会をします。田部井政伸さん、進也さん、吉田三菜子さんも参加します。みんなで豆腐懐石をいただきながら語りましょう。サポーターは恩田真砂美、柏澄子、直原郁子、大久保由美子が同行します。

FBP1140019.JPG

【場所・日程】
2019年2月17日(日)日帰り  丹沢大山1252m(神奈川県)

【集合】
AM8時15分 小田急線「秦野」駅 改札を出たところ

【解散】
18時頃 「夢心亭」にて

【行程】
8時15分 秦野駅 集合+受付

8時30分 秦野駅出発(タクシー)→ヤビツ峠(歩き)~大山~阿夫利神社~大山ケーブル下へ下山〜「夢心亭」へ移動してお食事会
*ハイキング所要時間:歩く時間は4時間半程度ですが、休憩や参拝をしながらゆっくりと進みます

15時30分頃~ 新年お食事会 「夢心亭
〒259-1107 神奈川県伊勢原市大山441
TEL 0463-91-1551
FBP1140071.JPG

【服装・持ち物】
トレッキングシューズもしくはハイキングシューズ、軽アイゼン、ザック、登山用雨具上下、防寒着(フリースやセーター、ダウンジャケット)、手袋、帽子、ヘッドランプ、保険証、飲み物(テルモスに暖かいもの)、昼食、そのほかあなたに必要なもの
*防寒対策をしっかりしてきてください。
*悪天に備え、登山用の雨具、軽アイゼンも持参ください。

【定員】
20~50代の自然に親しみたい女性 24人

【参加費】
参加費 8000円(保険代含む)、食事代として別途3240円を集めます。
(お釣りのないようにご準備いただけると助かります)
※秦野駅からヤビツ峠までのタクシー代を人数割で清算します(一人1200円程度を予定)
※帰路はレストラン近くの良弁滝停留所から小田急線伊勢原駅北口へバスが出ています(310円)。https://www.kanachu.co.jp/dia/diagram/search?rt=1&t=0&k=大山ケーブル&nid=00128161

【申込先】
E-Mail mjlink103@gmail.com (アドレスの103は数字です)
*件名に「丹沢大山新春ハイクと食事会希望」と明記し、以下の「申し込み項目」をお送りください。
*定員になり次第締め切ります。
*申し込み受信後、返信メールをします。返信は事務の都合上数日かかることもありますが、1週間経っても返信がない場合はトラブルが考えられます。再度連絡ください。

【申し込み項目】
①お名前(ふりがなも)
②生年月日
③職業(②③は保険加入に必要)

*MJリンクの「山登り」に初めて参加される方へ
上記に加え、④住所 ⑤電話、FAX ⑥当日連絡先(携帯) ⑦緊急連絡先(氏名、続柄、電話) ⑧MJリンクを知ったきっかけ

*気になる持病がある方へ
医師に相談の上、自己責任で参加を判断ください。参加される場合は、MJリンクにもその旨、事前に情報をお知らせください。

【MJリンクに参加される皆さんへ】
~MJリンク呼びかけ人 田部井淳子より
MJリンクは、20~40代(2019年より上限を50代としています)の女性たちに山などの自然に親しむ機会を作ろうと立ち上げたサークル(同好会)です。山の経験、技術をもった女性サポーターたちが協力して企画しています。サポーターたちは、山の現地下見などもして準備をしています。これにかかわる費用やサポーターの交通費などの運営費については、皆さまの参加費から使わせていただいております。サポーターがいるとはいえ、山での全ての行動は自己責任であることを、どうぞご理解ください。

********************

MJリンク(自然に親しみたい20~50代女性のためのネットワーク)

〒102-0075
東京都千代田区三番町7-10-104タベイプランニング内 受付吉田
tel:03-3264-6426 fax:03-3264-2116
メールアドレス mjlink103@gmail.com
ブログ http://mjlink.blog.so-net.ne.jp/

*******************
nice!(0)  コメント(0) 

田部井淳子と歩いた道@朝日新聞be「みちのものがたり」 [書籍・雑誌]

本日(2018/12/08)の朝日新聞朝刊「be」の「みちのものがたり」に、田部井淳子さんと田部井進也さんはじめ、ご家族の物語が描かれています。
「みちのものがたり」は、実際にある街道などの道にまつわるストーリーや、人と人など何かと何かを繋ぐ物語が取り上げられるそうです。

担当記者の浜田奈美さんは、「世界的登山家が残した大きくて重い荷物を、かつてやんちゃ少年だった息子さんが必死に担いで歩く姿に、心打たれて企画した」と話していらっしゃいました。

いまからでもご覧になれる方は、ぜひご一読を。

サポーター 柏澄子

48238166_10216072966230625_4994901404511371264_o.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

【番外編】伊豆ケ岳 [報告]

2018年11月25日(日)MJリンク【番外編】で伊豆ケ岳(埼玉県飯能市)に陽だまりハイキングに出掛けました。MJリンクのメンバー15人とシニアサポーター2人の合計17人です。
このMJリンクは生前おばさん「淳子」が呼びかけ人となってできた20~40代女性のための山のサークルです。全国的グループです。年2~3回山登りに出掛け、海外のトレッキングにも行っております。
おばさんが亡くなって、久しぶりの伊豆ケ岳陽だまり山行でした。
正丸峠駅集合で行程は、伊豆ケ岳~正丸峠~川越山~旧正丸峠の予定でした。伊豆ケ岳までは、森林の中で中々陽があたりませんが、綾線に出ると陽だまりハイキングです。「気分は最高やはり山は大好き!人大好き!」と、我がおばさんがいつもそのように語っておりました。

前回来たときは、沢山の木の葉が付いて周りの山々が見えなかったけれど、今回この時期は、葉っぱが落ちているので、木々の間から遠くの山も眺められます。枯れ葉の上を音を立て歩きながら歩きます。暖かい陽だまりの伊豆ケ岳の頂上でお昼をひろげました。
今回は日没との時間の関係もあり、予定のコースを短縮して、正丸峠から正丸駅に直接下山しました。
11月下旬ともなると手は冷たくなりこれからは、冬の準備をして遊ばないといけませんね!
(一部、田部井政伸のブログより引用)
IMG_2163.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

【番外編】日和田山、物見山ハイキングの報告 [報告]

2018年5月20日(日)
番外編 日和田山、物見山(埼玉県日高市)のハイキングをしました。
物見山の頂上に12時、各自お弁当を持って集合、解散といういつもとは違う形式でした。

20日は田部井淳子さんの月命日。日和田山、物見山は生前、よく登っていた山、というご縁から、毎月20日、山の仲間が物見山の頂上に12時に集まるようになりました。

5月20日は、ちょうど日曜日だったので、田部井政伸氏からMJリンクに声がかかり、番外編としてお誘いしたものです。MJリンクからは10人が参加されました(全部で26人の参加)。

以下、田部井政伸氏のブログより。
~~~

今月も月命日登山の日が来ました。
今一番新緑の美しい、山笑う季節、リハビリ登山と称して、闘病中のカミさんとよく歩いた日和田山~物見山ハイキングです。
今回は、カミさんと同じ東京の山のクラブの仲間も来てくれました。
又、カミさんが若い女性の山の会として立ち上げたMJリンクの仲間達は、おそろいのジュンコタベイ特製のTシャツを着て参加してくれました。カミさんが生涯登った山の名前がエベレストの山の形に並んだ図柄のTシャツです。

毎月の通り、物見山(埼玉県日高市)の頂上に12時集合。歌の好きだったカミさんのために歌のプレゼントです。皆で「ふるさと」と「手のひらを太陽に」を歌い、またここでお会いしましょう、とお開きになりました。(田部井政伸)

IMG_20180520_122935-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第11回MJサロンレポート~田部井政伸さんをお迎えして [報告]

第11回MJサロンに田部井政伸(たべいまさのぶ)さんをお迎えしました。

MJリンク呼びかけ人である田部井淳子さんのだんな様ということでMJリンクメンバーには“有名人”の政伸さんにご自身の山やその他活動についてお話を伺う機会をいただきました。山でご一緒させていただいた折にお話しをさせていただいて、もっと色々と伺ってみたいなと楽しみにされていた方も多いと思います。

今回会場は公益社団法人日本山岳会のお部屋をお借りし、コーディネーターはMJリンクサポーターの柏澄子さんが務めてくださいました。

写真1.JPG


群馬県ご出身の為かご自身にとって山は身近な存在だったので、子供の頃から登るというよりも歩くといった感覚の方が近かったとのこと。

小学6年生の夏休みに友人と地元赤城山へ。夜通しひたすら歩き続け到着した時は疲れ果てて寝てしまい、目が覚めた時には丸1日以上寝続けていたことに驚き、その時点でもう帰る日になっていたので山では寝ていただけということに。。。

なんとも微笑ましいけれど残念な出来事だったと思うのですが、それも込みで楽しい思い出なのかなとお話しされているご様子から感じました。

高校生の時、結核の為に入院・療養。同室の方が亡くなるのを目にするうちに「大事に生きる」ということを強く意識するようになったとのこと。

就職先は好きなことが出来る会社ということで決める。入社後に山岳部があることを知り、以後、職場・下宿(職場の目の前!)・山の3地点間での生活が始まる。

「谷川岳の話はとても1時間じゃ終わらないよ~」と楽しそうにお話しされるくらいお好きな場所のようで、冬の谷川岳で幽ノ沢中央壁左方ルンゼ初登攀などの記録をお持ちです。「谷川岳は好き。岩のぼりが好き」と話され、とても照れながら「自分で言うのもなんだけど、センス(登りやすい箇所を探すルートファインディング)がいいのかなぁ~」。

ここで岩のぼり中の淳子さんへの第一印象を問われて、「(記憶に)残ってないなぁ」と言いつつもルートに対しての見切りの付け方が良いなと思っていたそうです。

写真2.JPG


「山しかない、(自分から)山を取ったら他はないのはいやだ」というご夫婦共通の思いがあるそうです。色んなことをやってみたいとオートバイやスキーなども楽しまれ、職場の仲間と役割交代しながら給油時以外はノンストップで50ccバイクに乗り、米国の西海岸から東海岸までを7日間で完走した記録もお持ちです。この横断は史上初の記録で地元紙にも取り上げられたそうです。

あっという間に8時10分近くになり、「8時過ぎましたね」と言う柏さんに、「まだ8時半まで大丈夫でしょ?!」と飄々かつやさしい口調で楽しそうに答える政伸さん。すかさず「だめです、だめです」と慌てる柏さん。

みなさんからの質問の1つ「これからやってみたいこと」に対して、「淳子さんとのやり残してきたことをすること」と「昔のまねというか出来る範囲での山のぼりとかね」と答えられました。

最後になりましたが、田部井政伸さん、どうもありがとうございました。また他のお話もお伺い出来たら嬉しいです。柏澄子さんもどうもありがとうございました。

MJリンク メンバー
佐々木友子
nice!(0)  コメント(0) 

第11回MJサロンのお誘い~田部井政伸さんをお迎えして [お知らせ]

この春、MJサロンでは、田部井政伸さんをお迎えします。

ご著書『てっぺん 我が妻・田部井淳子の生き方』や様々なインタビュー、雑誌記事では、田部井淳子さんとの出会いから結婚生活、エベレストのこと、おふたりで登った山々、晩年の闘病の話などを中心に語られています。

今回のMJサロンでは、そういった淳子さんとの人生とあわせて、政伸さんご自身のことをもっとたくさんお聞きしたいと考えています。
赤城山から谷川岳へ、そしてヨーロッパアルプスへと舞台を移していった政伸さんご自身の登山について。また、本田技研工業勤務時代の技術開発の話、そしてその技能や経験を活かしてオートバイでアメリカ大陸を横断したり、アメリカやメキシコのオフロードレースに出走する話など、お話いただきます。
それらのストーリーの中には、必ず淳子さんがいる、ときには一緒に、またときには近くにはいないけれど確実に存在していたはずです。

49、政伸さん1968年マッターホル北壁を登って頂上に立ったところIMG_20170116_0001.jpg
1968年マッターホルン北壁より登頂 写真提供/一般社団法人田部井淳子基金

聞き手は、MJリンクサポーターの柏澄子が務めます。
また、MJリンクの皆さん以外に、登山の関係者が聴講に来る場合もあること、ご承知おきください。

【日程】
2018年3月9日(金曜日)

【場所】
日本山岳会 本部事務所 東京都千代田区四番町5番4 サンビューハイツ四番町 tel: 03-3261-4433
*JR市ヶ谷駅から約7分
*地下鉄市ヶ谷駅(有楽町線・都営新宿線・南北線)3番出口から約7分
*麹町駅(メトロ有楽町線)6番出口から約7分
*地図→ http://jac1.or.jp/about/20160621727.html

【時程】
18:00~20:00過ぎ
◆18:00~18:50 の間の都合のよい時間に三々五々来て軽食(集会室にて)
◆18:50~20:00過ぎ 田部井政伸さんのお話(104号室にて)
*軽食をとっていただく集会室は手狭なので、食べ終わった人から順次104号室に移動していただきます。ご協力ください。

【定員】
20~40代の自然に親しみたい女性45人

【参加費】
参加費3000円(軽食代含む)
*参加費は、会場費、運営費、講師の方へのお礼などにも充てさせてもらっています。

*なお、軽食を予約している関係上、直前のキャンセルについてはキャンセル料1,000円をいただきます。

【申込先】
e-mail mjlink103@gmail.com(アドレスの103は数字です)
*件名に「MJサロン3月参加希望」と明記し、以下の「申し込み項目」をお送りください。
*定員になり次第締め切ります。
*申し込み受信後、返信メールをします。返信は事務の都合上数日かかることもあり
まが、1週間経っても返信がない場合はトラブルが考えられます。再度連絡ください。

【申し込み項目】
①お名前(ふりがなも) ②生年月日 ③職業
*MJリンクに初めて参加される方へ
上記に加え ④当日連絡先(携帯) ⑤MJリンクを知ったきっかけ もお知らせください。

****************************************************
ブログ随時情報を更新中!→→ http://mjlink.blog.so-net.ne.jp
****************************************************
mjリンク(自然に親しみたい20~40代女性のためのネットワーク)
〒102-0075東京都千代田区三番町7-10-104タベイ企画内 受付 吉田
tel:03-3264-6426 fax:03-3264-2116
メールアドレス e-mail mjlink103@gmail.com
ブログ http://mjlink.blog.sonet.ne.jp
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -